*********************************** もどる

 

     


月刊 『RikaTan 理科の探検』 誌(星の環会)
2007年4月(3月26日 発売)から創刊されました。

"観る・知る・遊ぶ - 理科の楽しさを実感!! "をモットーに、理科 の知識や実験・観察・ものづくりを紹介。
理科好きを増やしたい先生方にも、理科好きな大人にも十分たのしめる、とても役立つ雑誌です。

現在、100名以上の企画委員で原稿を作成しています。 企画委員は主婦・会社員・科学ボランティア・教員(小中高大)など 多彩なメンバーです。(メンバーはこちらに紹介)

企画委員はボランティアですが、新雑誌という未知への挑戦をしてくださっています。 狭い学校理科教育の雑誌ではなく、広く理科好きの大人に読んでいただきたいと思います。  


RikaTan 理科の探検
月刊誌 毎月26日発売(創刊号は'07年3月26日発売)
◎B5判 /100頁 ◎定価840円(税込)
年間購読料10,080円 半年購読 5,040円
  ※請求月は、3月切り替えとなります。

対象 教師、科学ボランティア、理科が好きな人、学生
お申し込みは近くの書店まで。
直接購読希望の方はこちらのフォームから


5月号もくじ →クリック 

創刊号の主な内容

◆特集 手づくりスライムとシャボン玉の実験

★写真クイズ これなーに?
★身近な自然捜し

●理科が苦手な人のための実験準備術 ―試薬の調製―
●自然観察の楽しみ (早春)
 4月に蒔きたいタネは? ―新理科教育MLでの情報交換から―
連載 高度な科学が小学生にもわかる
       リカ先生の10分サイエンス(1)
連載 惑星の科学はどこまでわかった?
連載 身近なモノのしくみ
連載 科学キット
   ※理科グッズ※ガイド シクミ※シュラン【地球ゴマ】
連載 理科好きの子を育てるパパの技
連載 中学入試理科問題を楽しむ 

●今月の小話 ヘルモンドの柳の木の実験
●今月の小話 光電池ってどんなもの
●今月の小話 桜の開花と桜前線

●今月の授業 楽しくわかる授業シナリオ 小3
    校庭のタンポポ調べ
●今月の授業 小4
    ジュース500グラムを飲んだら体重はどうなる?
●今月の授業 小5 タネの発芽
●今月の授業 小6 ものの燃え方 バーベキューをしよう
●今月の授業 中1 光の授業を考える
●今月の授業 中2 どうなっているの、動物のからだのしくみ
●今月の授業 中3
    本物を見せたい! 細胞分裂ほぼ100%成功への道

・読者コーナー
・イベント情報
・科学力クイズ

RikaTan広告 表面 裏面
(PDFファイルで確認できます)

編集長紹介 ■左巻 健男(SAMAKI Takeo)
同志社女子大学現代社会学部現代こども学科教授
『さまき隊』『新理科教育ML』主宰
教育書で10万部以上売れた著書も数冊あるというすご腕の執筆者であり、新聞雑誌などにも広く紹介されている。
でもそれだけじゃなくて授業もおもしろい!先生たちの指導にも力を入れている。「左巻健男」の名で検索をかければ、その業績があきらかに!

副編集長紹介 ■平山 明彦(HIRAYAMA Akihiko)
東京歯科大学
メールマガジン『子どもと自然』主宰。 NPO法人 市原ネイチャークラブ事務局長。NPO法人 自然環境復元協会 運営委員。 学校ビオトープ・ネットワーク副会長。
生命科学者として大学の教員をするかたわら、NPO法人 市原ネイチャークラブで子どもたちに自然体験の場を提供し、自身が運営委員を務めるNPO法人 自然環境復元協会が昨年より認定を始めた「環境再生医」としても活躍している。
ドイツで生まれたビオトープという概念を教育現場に取り入れた、「学校ビオトープ」を全国に広げる運動にも従事する。通称、あきちゃん。

△ ページトップ | ▲ TOPもどる