Welcome to Hoshinowakai


bar

星の環会ロゴ


書籍イラスト   

bar

 おばあちゃんが認知症になっちゃった!
  宇津木聡史/編著 河村誠/イラスト

book 物忘れと認知症って何が違うの?どうして忘れてしまうの?認知症の人にはどのように接すればいいの?など、さまざまな疑問に保健室の先生が答えます。

保健体育
定価:2,800円+税
ISBN978-4-89294-561-8
28.5×22cm 64ページ
対象:学校中学年~中学
2017年4月


icon 写真をクリックすると拡大できます




 目次



第1章 おばあちゃんが変になっちゃった!
おばあちゃんがおかしくなっちゃったみたい
ニンチショウって何?
おばあちゃんの頭の中へ
◎家族や周りの人が気をつけるポイント

第2章 どうして忘れてしまうの?
一生懸命にやろうとしているだけなのに
新しい記憶から消えていく
認知症のいろいろなタイプ
認知症サポータになろう
忘れてしまうわけは?
◎神経細胞とは

第3章 周りの人が出来ることは何?
おばあちゃんの悲しい気持ちおばあちゃんの心の声
誰もいないのに人が見える!
一緒に探してあげる!
◎おかしな行動も理由がきちんとある

第4章 みんなが幸せに生るために
お母さんが疲れ果てちゃった
◎認知症のお世話をする人に見られやすい疲れやストレス
認知症から逃げられない!
人を中心にした支え
みんなが自分らしく生きられる社会に
みんなおじいちゃんやおばあちゃんになる




 ページ見開き見本



sample

icon 写真をクリックすると
ページサンプルを確認できます










 著者紹介



■ 宇津木聡史 (うつぎさとし)
科学教育誌『ScienceWindow』(国立研究開発法人科学技術振興機構発行)の制作に創刊号(2007年4月号)から関わる。2011年度から編集部に入り、2013年度からは副編集長を務める。連載や特集の企画を立案し、誌面を編集。取材や記事の作成も精力的に展開した。2016年3月に任期満了で退職。現在、フリーランスの科学ライター・エディターとして活動。


■ 河村誠 (かわむらまこと)
1972年、愛知県豊田市生まれ。奈良芸術短期大学洋画コース卒業。絵本作品「ぼくんちの木」で、第2回とよた絵本コンクール最優秀賞、市民審査員賞受章(2005)。アニメーション作品「おじさん」で、第5回ユーリー・ノルシュテイン大賞、アイデア賞受賞(2004)。現在、ブックデザインとアニメーション制作を中心に活動中。




 ご注文、お問い合わせは



株式会社 星の環会
〒162-0067 東京都新宿区富久町1-5 富久町第5服部ビル10階
Tel.03-5362-3241 / Fax.03-5362-3242
または お問い合わせフォーム から
     オンライン ご注文フォーム から