Welcome to Hoshinowakai


bar

星の環会ロゴ


書籍イラスト   

bar

 「乳がん死ゼロの日」を目指して
 ~ 乳がん診療の歴史を生きた専門医の記録 ~
  冨永 健 著

book 「乳がん死ゼロ」を掲げた医師。全国の医師たちの先頭に立ち、第一線で研究、診療にあたった冨永医師の、日本における乳がん研究と診療の夜明けから、今につながる経緯を綴った渾身の一冊。

健康
定価:1,200円+税
ISBN978-4-89294-566-3
130×190cm 208ページ
対象:一般
2017年7月


icon 写真をクリックすると拡大できます



 目次



乳がん医としての出発
日本の乳がん研究と診療の夜明け
最近経験した貴重な症例集1~9
乳がん手術法の移り変わり
乳房温存療法とはどんな手術か
がん治療後のフォロー
再発と転移
これまでに経験した忘れ得ぬ症例集10~14
再発・転移を克服する最新治療法
再発・転移から生還した人々15~18
乳がん診療にみられる個別化治療の波
乳がん診療の基本
4Dスタイルによる乳腺疾患の診療
乳がん特有の治療法・ホルモン療法
忘れ得ぬ患者さんたち19~22
抗がん剤による化学療法の現状と今後
H老人ホームの施設長になって



 ページ見開き見本



sample

icon 写真をクリックすると
ページサンプルを確認できます













 著者紹介



■ 冨永 健
1933年兵庫県宝塚市に生まれる。1960年大阪大学医学部卒業。1961年大阪大学微生物病研究所附属病院外科入局。1966年医学博士となる。1967年から米国ニューヨーク州バッファロー市のローゼルパーク・メモリアル癌研究所乳腺外科に勤務する。研究テーマは「乳ガンとホルモン」。1975年から1994年まで東京都立駒込病院に勤務し、この間に同病院外科部長を務める。1992年日本乳癌学会初代会長。
現在、同学会理事。【乳がん死ゼロ】の目標を立て執筆に反映させてきた。乳ガン治療では最新の技術をとり入れた手術法を行い、さらにホルモン療法、化学療法に積極的に取り組んだ。明るく、やさしい人柄で、多くの患者に慕われている。
著書に「忘れ得ぬ患者さん達へ-乳がんと闘う若き医師達の手記」「続・忘れ得ぬ患者さん達へ 乳がんからの生還-乳がんと闘う最前線外科医達の手記」(日本小児医事出版社)「乳ガン死ゼロの日」(オリジン社)。その他共著多数。





 ご注文、お問い合わせは



株式会社 星の環会
〒162-0067 東京都新宿区富久町1-5 富久町第5服部ビル10階
Tel.03-5362-3241 / Fax.03-5362-3242
または お問い合わせフォーム から
     オンライン ご注文フォーム から