| Home | もどる書籍一覧|  
************************************************************************************************************

黒豹たちの教室
いじめられっこ文化人類学
--------------ユキ・サマルカンド 著
------------定価: 本体1,600円+税
--------------------A5判 280ページ
-----20049月発行 NDC367 C0037
--------------ISBN978-4-89294-404-8
--------------------対象:教師・一般

教室は檻か? ジャングルか?


教室は檻か?
ジャングルか?

カナダと日本の比較で子どもを見る
教室における集団いじめは、リンチであり、
喧嘩ではない。

クラスが一つの目的をもった集団となってゆく
恍惚と快感がいじめの根源にある。

ゆとり、いじめ、落ちこぼれ。
教育に疑問を持っている親、教師、学生たちに、
豊かな知見を与える衝撃の本。



現在、カナダ・ケベック州、シェルブルック大学教授である文化人類学者のユキ サマルカンドさんは、日本人の父とドイツ人の母の間に生まれ、大学まで日本で育った。

その間、通っていた東京の区立小学校で6年の長きに渡って、執拗ないじめに会うという過酷な状況を体験した。

この「黒豹たちの教室」は、いじめに苦しみながら、それをバネに、数々の困難を乗り越えて、文化人類学者となったプロセスやカナダのケベック州の教育について書き綴ったノンフィクション読み物。

 


略歴 
ユキ サマルカンド (本名 塩瀬 ユキ)
カナダ、ケベック州、シェルブルック大学教授。文化人類学博士。
1959年 東京生まれ。 日本で大学を卒業後、カナダに渡る。
1992年 カナダ、ラヴァール大学にて、文化人類学、博士号取得。
ここ10年来、カナダ政府の研究助成金による日本とケベックの比較教育研究プロジェクトを率いている。
主要テーマは
「日本とケベックの学校における子供の社会化」
「排斥と統合」
「群れと個人の関係」など。

著書
「世界における宗教的中立のあり方」、
「狼はケベック人か?あるケベックの小学校の日常」
など日・英・仏語で多数。


 

 

| ▲ Home | 星の環へのお便り | △ ページトップ  |もどる