| Home | もどる書籍一覧|  
************************************************************************************************************

教育学部教師の講義日記
---------------------各定価: 各本体2,000円+税)
---------------------------四六判 NDC375 C3037
--------------------------------対象:教師・一般
教育学部教師の講義日記 ISBN978-4-89294-424-6 伏見陽児 著 263ページ 2005/10/01
小学校課程科目「教え方と子どもの理解」の実践
続・教育学部教師の講義日記 ISBN978-4-89294-440-6 伏見陽児 著 160ページ 2006/06/01
小学校課程科目「製作活動と子ども」の実践
続々・教育学部教師の講義日記 ISBN978-4-89294-464-2 伏見陽児 著 302ページ 2008/09/01
小学校課程科目「教え方と子どもの理解2」の実践

大学教師も講義を面白いものにしたいのだ!


写真をクリックすると拡大できます。  

教師と、教師を目指す学生に読んでもらいたい!
著者の願いのこもった3部作。
著者が大学で行っている講義の実践記録、
授業を作っていく醍醐味が味わえます!
小学校の授業をおもしろい、確実なものにしたい!
と考えている人は必見の書です。

続々 教育学部教師の講義日記 
小学校課程科目「教え方と子どもの理解2」の実践
四六判 302頁 オールカラー
続・教育学部教師の講義日記
−小学校課程科目「製作活動と子ども」の実践−
四六判 160頁 オールカラー

教育学部教師の講義日記
−小学校課程科目「教え方と子どもの理解」の実践−
四六判 263頁
 




  講義を受けた学生の感想
 

「この授業ではとても多くの発見があった。教える側の視点、 記憶の中で強く印象に残っているものがなぜ印象に残っているのか、 『ル・バー』がどのように形成されてきたのか、などを知ることが出来た。
このことは、教える側に立った時に必ず役に立つと思う。(KC)」

 
 

「教師を目指す者にとって役立つ話ばかりでした。
子どもの学習のとらえ方、間違い方、感じ方など、子どもの立場や視点を理解するきっかけができました。(IH)」

 

 

| ▲ Home | 星の環へのお便り | △ ページトップ  |もどる