| Home | もどる書籍一覧|  
************************************************************************************************************

ガウディの青い海
 
 ●--------------------------- 田島伸二 作・谷川ひろみつ 絵
 ●---------------- 定価: 本体1,300円+税
 ●----------------------- A5判 NDC913 C8093
 ●------------------------- 2012/11刊行
 ●----------------- ISBN978-4-89294-516-8
 ●------------ 小学校高学年、中学
   16カ国16言語で翻訳出版。世界中で大反響!




  △ click to view large size

 

 

 


原子力や核兵器への警鐘!
   子どもたちに贈る、いのちと平和のメッセージ

大都会の水族館でなに不自由のない暮らしを送りつつ、かつて住んでいた海に帰りたいと願い続けている大亀のガウディ。

魚たちの協力を得て、なんとか水族館を脱出し30年ぶりに南の海へ帰るが、人間の行う核実験によって海は死にかけていた。

生き物たちの最後の希望である「生命の樹」を守るため、命をかけて核実験の阻止に向かう。


  
チラシPDF

 【著者紹介】

作家、識字教育専門家、ICLC国際識字文化センター代表
広島生まれ。早大卒業後、ドイツのミュンヘンやインドのタゴール国際大学で教育哲学を学ぶ。

1977年からユネスコ・アジア文化センターで、アジア・太平洋地域25カ国の識字教育や図書開発を行う。
1997年からJICA専門家としてイスラマバードの首相識字委員会のアドバイザーとなる。
2001年にICLC国際識字文化センターを設立。識字問題の解決のため各国の専門家と識字教育を推進する他、紛争地の平和共同絵本 製作、紙漉きと農村開発を結びつけた文化活動、青少年更正施設内の図書館の設立など、多岐にわたる教育文化活動を行っている。

著書に、「ビックリ星の伝説」「大亀ガウディの海」(透土社)、「雲の夢想録」「沈黙の珊瑚礁」(蝸牛新社)、「コンキチ−さびしいキツネ」、絵本「さばくのきょうりゅう」「ゆきやま」(講談社)、翻訳「馬のたまご」(ほるぷ出版)、「10にんのきこり」(講談社)ほか。

第1回ベルリン国際文学祭(2001)、第6回アフリカ文学祭(2003)に招請を受け、作品を朗読した。
第20回講談社出版文化賞受賞。

 【内容見本】

 P6〜14 見本PDF


 

     


| ▲ Home | 星の環へのお便り | △ ページトップ  |もどる